投資法人の資産運用にあたり、
  
  の3つを経営理念として投資口価値の最大化を図り、投資家の皆様に信頼されるJ-REITの
  資産運用会社を目指します。

  阪急阪神ホールディングスグループで培ったマルチテナント型複合商業施設の運用管理ノウハウを最大限活用し、質の高い施設管理とリーシングを行い、不動産の収益性向上を図ります。

  関西圏及び商業施設というコアを確立しつつ、長期にわたり収益力が維持できる優良不動産(商業施設 、オフィス)への投資を行うことにより、着実な成長性の確保に努めます。

  コンプライアンスの徹底及び適時・適切なディスクロージャーにより、資産運用活動の透明性を高めます。